ブランド品種115号干ししいたけ

ブランド品種115号干ししいたけ

干し椎茸の美味しさは、ズバリ品種と栽培環境で決まります。

干し椎茸の美味しさは、ズバリ品種と栽培環境で決まります。

お米に品種があるように、椎茸にも「品種」があることをご存知でしたか?
干し椎茸の美味しさや歯ごたえは、“品種・栽培環境”によって、大きく違ってきます。
椎茸ブランド“へるしいたけ”の魅力をご紹介します。

鳥取生まれの代表品種、菌興115号。

干し椎茸の美味しさは、ズバリ品種と栽培環境で決まります。

お現在開発されたどの品種よりも肉が厚く大型になる椎茸で、機能性成分も多く含まれており美味しい品種として注目されています。
「原木しいたけ 115」として全国でブランド化され、例えば石川県では「のとてまり」という名で珍重されています。

頬張るとジューシーな旨みが広がり、まるで上質な「あわび」を食べているかのように舌触りもとてもなめらかです。

「115号」は、きのこ関係では我国唯一の民間学術研究機関である「日本きのこセンター」により開発された“優良品種”

「日本きのこセンター」により開発された“優良品種”

日本きのこセンターは、菌類の分類、生態、遺伝、生理の基礎研究から優良品種の開発、栽培、経営、流通に関する応用研究にいたるまで幅広く取り組む国内最大級の機関です。

国内に分布するとされる約6000種のきのこの内、約1000種1万株を遺伝資源として保有しています。
また、平成17年より鳥取大学農学部付属「菌類きのこ遺伝資源研究センター」との研究連携協力をスタートした、きのこ関係では我国唯一の民間学術研究機関です。